心の救急箱

メンタルの病と向き合うをテーマに。お役立ち情報掲載もがんばります。

*

自立支援について

   

「私は自立支援受けることができますか?」「重度かつ継続」等々について記載したいと思います。

 

自立支援とは?

お医者さん

「育成医療」「更生医療」「精神通院医療」とありますが、ここでは「精神通院医療」について記載します。

外来・外来での投薬に適用されます。

医療費が3割負担から1割負担へ

メンタルの通院はお財布に響くので助かる制度ですね。

薬とか「え~~~」って思うくらい高い薬ありますから。

 

メンタルが病んだことで退職した、仕事ができなくて、金銭的にきつい人などの味方でもあります。

自立支援が適用されると、「自己負担上限額」というのがあり、それ以上の金額を支払わなくていいことになっています。

 

適用される病名は?

以下となります。

対象となる精神疾患

自立支援医療(精神通院医療)の概要(厚生労働省HPより)

 

「うつ病」「双極性障害」は「(4)気分障害」です。

 

自己負担額上限は?

以下の通りとなります。

※上限に満たない場合には1割負担自立支援所得区分自立支援重度かつ継続厚生労働省HPより


※画像をクリックしていただくと拡大版が表示されます。

 

この図ややこしいのでかいつまんで。

 

会社務めされてる(努められていた)方は「中間所得層」「一定額以上」に該当してしまうんだと思います。

そこで問題になるのが「重度かつ継続」なのかということですね。

 

「中間所得」「一定額以上」の方:

「重度かつ継続」がつかないと、「高額療養費利用(10万位 利用状況によって変わるが)」くらいになってしまいます・・・。

「市町村民税」が高額になってしまった人は「重度かつ継続」つかないと自立支援対象外となります。

※3割負担で高い通院生活になってしまう・・・。

 

私が会社を辞めたときに「一定額以上」に分類されて、「重度かつ継続」つかなかったらどうしようって申請通るまでドキドキしました。

 

自立支援とおりますか?

メンタルの治療に当たり、「自立支援制度」が「金銭的負担」を軽くしてもらえれるものというのはご理解いただけたと思います。

申請が「通る」かどうかは、主治医に率直に聞くのがいいです。

 

「障害年金」も「障害手帳」もそうなんですが、率直に聞いて「通ると思いますよ」って回答してくれたら、おそらく大丈夫です。

 

先生も嘘の診断書は書けません。

ただ、「自分が書いたらだいたい通るよ。」って言ってくれたら、通ったんですよ。

診断書も書くコツがあるのかもしれません。

 

今の主治医の前の先生の時には「落ちる可能性あるよ」って回答されてますし・・・。(障害年金)

 

ただ、ここで注意事項。

自分が信頼できるいい先生であることは第一条件ですよ。

治療するためには、いい先生でないと治るものも治らないです。

 

私の今の主治医はほんとに私の表情を見たうえで、しっかりと話を聞いてくれます。

そして、各種申請が通ったことで、治療に専念できるようになり、症状も改善しました。

 

いい主治医と出会えてよかったです。

最後に

これは自分の経験談にはなりますが、ケースワーカーさんがいる病院が楽だなと思います。

 

申請手続きも言われた書類を、ケースワーカーさんに教えてもらいながら記載しただけで、自分で役所に行かなくてすみました。

 

そういう意味ではある程度の規模の病院に通院したほうがいいのではないかなっていうのはおもいます。

制度上、メンタル病んで「心身」ともに弱っているときに簡単にできる手続きではないです。

 

私観点にはなりますが、経験談から「いい先生・病院」との出会い方というのも別途記載したいと思います。

Share Button
The following two tabs change content below.
前園 鈴音

前園 鈴音

過酷な労働(月残業100時間)により、メンタルの病を発症。治療歴は7年となります。 患者の目線でのお役立ち情報を発信したいと思います。 詳細プロフィール

 - 自立支援制度 , , ,