心の救急箱

メンタルの病と向き合うをテーマに。お役立ち情報掲載もがんばります。

*

イソミタール【バルビツール酸系睡眠薬】

      2016/02/15

耐性ついちゃって処方箋から外されました。 忘れないように備忘録として記事にしようと思います。

イソミタールとは

錠剤 「寝付けない」っていうと基本的には安全性の高い「安全性の高いベンゾジアゼピン系」の処方から始めます。(非ベンゾジアゼピン系ってジャンルもありますが。)

「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬は以下が参考になります。

 

 

「入眠障害」「中途覚醒」等々ケースに合わせて、上記「ベンゾジアゼピン系」を症状に合わせて処方しますね。

「寝付けない人」だったら、「超短時間型」、「何度も起きてしまい良質な睡眠が確保できない」なんて人なら「中時間型」等々。

どっちも該当する人なら、合わせ技で両方とか。

 

イソミタールはどんな時に処方されるのか

「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬で効果が出ないときですね。

ただ、相当重度の睡眠障害でないと処方されないと思います。

 

「バルビツール酸系」の薬は歴史が古い薬ですが、安全性的には問題はあります。

※主治医の処方された分量を服用している分には大丈夫です。

 

「ベンゾジアゼピン系」って安全性の高い薬がでてからは、よっぽどでないと処方されないでしょう。

「バルビツール酸系」の薬を処方されるのって、医師と相当の信頼関係が構築できないと無理と思います。 悪用する人いますからね・・・。

 

ちなみに「イソミタール」をはじめとする「バルビツール酸系」のお薬は、以下にも利用されることがあります。

 

  • 不安緊張状態の鎮静

 

イソミタールを「鎮静」に用いるときには以下の用法となっています。

 

  • 通常成人1日0.1~0.2gを2~3回に分割経口服用

 


イソミタールを服用してみて

最高血中濃度到達時間:2~4時間、血中半減期:16~24時間   「入眠障害(寝付けない)」に使われるタイプではないです。

 

「中途覚醒や早朝覚醒(寝てる途中に目が覚める、すぐに目覚めてしまって睡眠時間が確保できない)」って人用ですね。

「中時間作用型」といいます。

 

このような説明はネットで検索したらいくらでも出てくるでしょうし、服用した経験を。   初めて飲んだ時に思ったこと。

強烈な麻酔薬

半日位ベッドに拘束されてしまった感覚で起き上がれませんでした。

その感覚も服用を続けていくうちになくなっていきましたが。

気持ち悪いほど眠れたのは確かです。

 

私は早期覚醒もあったので、「イソブロ(通称)」で処方されていましたね。

 

「ブロバリン+イソミタール」組み合わせ。 寝つきもいいし、最強コンビだと思います。

 

イソミタールは私を救ってくれた

うつ期で希死観念がつよく、眠りにつけなかった私を救ってくれた薬ですね。

睡眠が強制的に確保され、心身の調子が良くなっていきました。

 

9~11時間は睡眠を確保することができました。

 

困ったことが起きた

「バルビツール酸系」の薬の特徴なんでしょうね。

耐性ってのがついていくんですよ。

 

最初は0.1gでノックダウンだったのが、服用日数が長くなったことで量が増えていきました。

 

そして、この薬を飲んでも中途覚醒・早期覚醒状態に陥りました。

 

そのことがあって、他の睡眠薬にチェンジされてしまって、泣く泣くさようならしました。

 

バルビツール酸系の他の薬

ラボナ・ベゲタミンがあります。

うちの主治医はラボナは処方してくれません。

 

致死量云々でしょうね。 ベゲタミンAを服用していた時期もあります。

 

それは別途記事にしたいと思います。

 

最後に

「バルビツール酸系」睡眠薬を服用しないとダメなくらい睡眠障害に悩む人はいるんです。

悪用はしないでほしいです。

 

なお、依存症云々は主治医の先生がうまくコントロールしてくれたら大丈夫です。

 

私は睡眠障害がむごい時には処方されますが、処方箋からなくなっても離脱症状はあまりないですね。

Share Button
The following two tabs change content below.
前園 鈴音

前園 鈴音

過酷な労働(月残業100時間)により、メンタルの病を発症。治療歴は7年となります。 患者の目線でのお役立ち情報を発信したいと思います。 詳細プロフィール

 - お薬いろいろ, イソミタール, バルビツール酸系, 睡眠薬 , , , , , , , , , , , , , , , , ,