心の救急箱

メンタルの病と向き合うをテーマに。お役立ち情報掲載もがんばります。

*

ギャンブル依存症とネトゲ依存症

      2016/01/20

ギャンブル依存症について

 

困った

精神疾患として扱われるようになりました。

 

  1. ギャンブルを渇望する
  2. ギャンブルをしたいという衝動を制御することができない
  3. ギャンブルをするせいで借金など社会生活上の問題が生じているにもかかわらずやめられない

それらの症状が現れます。

日常生活に支障があるのは、「3」になると思います。

 

そして、「勝利した時の恍惚感」を味わってしまったのでしょうね。

 

これは私個人の考え方になりますが、「3」の症状さえなかったら、問題ないと思うのです。

「余剰金で、戦略を立てて、勝率を上げる」これは私はいいと思うのです。

金銭的利益が産まれますから。

 

その先には未来がありますから。

 

ネトゲ依存症について

困った

「ネットゲーム」の省略形です。

 

こちらのほうに恐怖を感じます。

これも社会生活が正しく成り立っていればいいのです。

 

残念なことに以下のようなケースがあります。

 

  1. 社会的生活上困る状態に陥る状態でゲームに没頭する。
  2. 借金をしてまでも廃課金を行う。

 

ネットでの「廃課金」には利益は生まれません。

そこに残るのは、「データ」という形のないもの。

その大切な「データ」は「ゲーム終了」とともに消えてしまうのですよ。

 

それを考えると「廃課金」「廃人」は恐ろしいと言えますね。

 

ギャンブル依存症の治療方法

 

「病的賭博」という病名らしいです。

以下のURLが詳しくてわかりやすいです。

 


ギャンブル依存症

 

ネトゲ依存症の治療方法

 

現在考えています。

 

その過程で自身で思うこと。

 

それは、「他のユーザーとの交流がないゲーム」はすんなりやめられます。

「飽きた」という感情がきます。

 

「課金しない」前提だったら、「飽きた」「満足した」ってところまで続けてもいいのではと思います。

 

「チャットができるゲーム」では「情」が湧いてしまって、だらだらと続けてしまう現状です・・・。

 

「キャラ削除」で廃課金は治るのか?

 

ネット上で廃課金した人は「キャラデリして治った」と書いておられる人がいますよね。

結果として私は無理でした・・・。

 

弁護士さんに頼んで、キャラ復活してしまいました・・・。

 

それからまた廃課金ループです・・・。

 

どうやったらネットゲーム課金(ネトゲ課金)から脱出できるのか?

 

自分なりに考えてみました。

 

私の場合には「多重債務にて、金銭的に課金は無理」って気づきました。

あまりに多重債務すぎて「年金担保融資」申し込んじゃいました。

 

それともう一個やったこと。

「別ゲー」を始めました。

 

チャットもなく、マイペースでやれるやつ。

 

そうしたら、メインの廃課金しているゲームから客観的に距離を置けるようになりました。

(そのゲームでまた廃課金してしまったのは、置いといて・・・。)

 

 

人とはチャット等で交流のないアプリだったので、飽きましたw

今はそのアプリをやっていません。

 

この例は廃課金者は泥沼になってしまう可能性はありますが、大切なこととしては

廃課金しているゲームから一歩距離を置いて、客観的視点がもてる何かを見つける

そういうことではないかと体感しています。

 

そういう視点を持てるまで時間を置くのは大切ですね。

 

がんばっても、廃課金地獄から抜けられない人は?

 

主治医に素直に相談して、「入院」とかいいかもですね。

 

 

以上、「ギャンブル依存症・ネトゲ依存症脱出」について書いてみました。

Share Button
The following two tabs change content below.
前園 鈴音

前園 鈴音

過酷な労働(月残業100時間)により、メンタルの病を発症。治療歴は7年となります。 患者の目線でのお役立ち情報を発信したいと思います。 詳細プロフィール

 - ギャンブル依存症, ネトゲ依存症, 依存症 , , , ,